イヤ動物のいろは定義
The Alphabetical Definition of Iyaic Animals

かがわしい(如何わしい)……イヤ動物は素性が明らかでなく、しかも道徳上・風紀上大変宜しくありません。
くでもない(碌でも無い)……イヤ動物は総じて何の役にも立たぬのらくらものです。
ずかしい(恥ずかしい)……イヤ動物は存在自体が恥ずかしいものですが、中には自分自身を恥じる照れ屋も存在します。
くにくしい(憎々しい)……イヤ動物には気のいい奴も存在しますが、暴虐な連中がいることを忘れてはなりません。
そながい(細長い)……イヤ動物には長くて便利な種も存在します。しかし便利なだけではなく、人間をおっぴくので用心が必要です。
んな(変な)……イヤ動物はぱっと見て変です。擬態能力をもつ場合この限りではありませんが、それでも違和感は捨て切れません。
んでもない(途でもない)……イヤ動物は思いもよらない、途方もない連中です。
くしょう(畜生)……イヤ動物は所詮、畜生です。
す (栗鼠)……イヤ動物のサイズが小さいからといって油断はなりません。栗鼠のように恐ろしい種もいるのです。
れた(濡れた)……イヤ動物はぬめぬめ、つるつる、ねばねば、しっとり、得体の知れない液体で濡れていることがあります。
いるいたる(累々たる)……イヤ動物は群れていることがよくあります。例え死骸となって折り重なっても、大きな破壊力をもちます。
んなわらは(女童)……イヤ動物と女児との関わりには深いものがあります。 イヤ動物自身が女児の形をとることもままあります。
からない(解らない)……イヤ動物は基本的に理解を拒むものです。論理的解釈を超越し、彼らはただそこに在るだけなのです。
んちょう(浣腸/館長/艦長)……イヤ動物といちじく浣腸、図書館長、艦長の関係に深いものがあることは有名です。
うかい(妖怪)……イヤ動物は間違いなく妖怪と深く関わっています。姿形や振る舞いにそれははっきりと顕れています。
たる(祟る)……イヤ動物=零落した神であるという説(柳田)があることからわかるように、イヤ動物は時に祟ります。
きしてきかなづかいの(歴史的仮名遣いの)……イヤ動物を巡る言説には、主に江戸期の歴史的仮名遣いが表れることがあります。
うぎょう(僧形)……イヤ動物の一部は仏教に関係していることがありますが、仏道に帰依している可能性は低いです。
くもがみ(九十九神)……イヤ動物は必ずしも有機物起源であるとは限りません。年経た道具もまた、イヤ動物の発生源となります。
こま(猫ま)……イヤ動物と猫の関係は深いものがあります。化けた猫が海を渡るとオベイク・ニーコになるのも見逃せません。
まっぽい(生っぽい)……イヤ動物を触ると、生温かく息づいていることがわかります。しかしその体験はしばしばトラウマになります。
っきょう(辣韮)……イヤ動物は時に食用になります。しかし食えないどころか、致命的な毒を持つ種も存在します。
ごい(酷い)……イヤ動物と人間、イヤ動物とイヤ動物の間には時に軋轢が生じ、赤子が血を流して倒れるなど酷いことになります。
ろんな(胡乱な)……イヤ動物は怪しく、胡散臭いのです。
やまふ(礼う)……イヤ動物はより上位のイヤ動物を崇め奉ることがあります。これを知性の証拠とするかは議論が分かれています。
ら(野良)……イヤ動物の中には野を徘徊し、飢えて人家や村を襲うものも存在します。その獰猛さには注意が必要です。
しよせる(押し寄せる)……イヤ動物はひしひしと、あるいは地響きを立てて押し寄せ、不幸な犠牲者をそれは大変な目に会わせます。
ちをきいてはいけない(口を利いてはいけない)……イヤ動物との会話は寿命を縮めます。見ない振りをして立ち去るのが得策です。
わらかい(柔らかい)……イヤ動物はむにむにした、どこか馴染みのある質感をもちます。
るだしの(丸出しの)……イヤ動物が大事なところを覆う服を着ることは希です。すぐに立ち、一歩も譲りません。
のはえた(毛の生えた)……イヤ動物にはびっしりと、あるいはまばらに、縮れた、あるいは滑らかな、毛が生えていることがあります。
るい(古い)……イヤ動物の歴史は古く、また個々のイヤ動物も古いことが多いです。
わい(怖い)……イヤ動物は恐ろしく、年端も行かぬ児童に対しては脅し文句として使われるほどです(ex:早く寝ないとガモが来る)。
んぎのわるい(縁起の悪い)……イヤ動物に出会うのは、縁起が悪いことです。塩を撒く人も少なくありません。
んてき(天敵)……イヤ動物の一部には天敵がいます。しかし赤子にとっては大抵のものが天敵のようです。
じわいぶかい(味わい深い)……イヤ動物は、見れば見るほど味わいが出てくる通好みの存在なのです。
わがしい(騒がしい)……イヤ動物は群れて騒ぎますが、行ってみると誰もいないことも珍しくありません。
しょくのわるい(気色の悪い)……イヤ動物は、慣れない人には嫌悪感を催させます。慣れた人はそれを快感に転化できます。
めみのわるい(夢見の悪い)……イヤ動物を知った者に安らかな眠りはありません。夢が新たなイヤ動物を生むこともあるのです。
っそうもない(滅相もない)……イヤ動物は実体化した煩悩や業です。滅相(業が尽き、命が終わること)は永遠に訪れません。
んぞくがく(民俗学/民族学)……イヤ動物の民俗学・民族学との縁は深いものがあります。特に大正〜昭和初期が狙い目です。
わしわした(皺々した)……イヤ動物研究者の間で、未知の新カテゴリー「しわ動物」の噂が囁かれています。
すえふな(SFな)……宇宙にはまだたくさんのイヤ動物が我々を待っています。
ー(ひい)……イヤ動物に遭遇した人々には、こう叫ぶ選択肢しか残されていないのです。
もいろな(桃色な)……イヤ動物と男女の不純な関係には深い関係があります。別に左翼思想に傾いているわけではありません。
いぞうぶつせきにんほう(製造物責任法)……イヤ動物にも、1995年7月1日から製造物責任法が適用されました。
え(図会/図絵)……イヤ動物はグラフィカルな存在で、図会や絵巻物などの中に見出され、また発表されたりします。
(無)……イヤ動物は実のところ、私たち一人一人の中にいるものなのかもしれません。

戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO